薬名プロペシアは薄毛の進行を止め発毛を促進させます

発毛薬としてすでに発売される「薬名:プロペシア」は米国で、人体のおける男性ホルモンの分泌を抑える抗アンドロゲン剤として開発されました。
これを使用する用途は、男性ホルモン強く作用して進行する脱毛症の治療、頭髪以外の多毛症の治療、男性の場合前立腺肥大症の治療や前立腺がん治療、性欲を抑えるなどの治療に用いられます。
元々は、前立腺疾患の改善の目的で用いられた、抗アンドロゲン剤ですが、これを投与した患者に高い確率で頭皮への発毛が確認できたという、副作用による症状から、これを治療のメインにすべく、AGA治療の側面として高めたのが、プロペシアによる発毛医療です。
もちろん、発毛を目的としながら、逆の効果も得られることから、毛髪への十分な効果がありながら、前立腺などには効果が出にくいように調剤のコントロールはされていますが、ごく少数の患者に副作用として性欲減退やほてり、血圧上昇、動悸などが現れる場合があり、医師の診察やその後の検査で、薬剤投与の調節が行われます。
薄毛が進行するメカニズムに、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼの結びつきにより、返還されるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭から成長する毛髪の妨げをして、髪がやせ細り、通常のヘアサイクルよりも短い間隔で抜け落ちることで薄毛となることが分かっており、プロペシアには還元酵素の5αリダクターゼをブロックする薬効があります。
育毛剤でも、5αリダクターゼをブロックする効果が高いと言われるものがありますが、エビデンスが確立されておらず、効果期待できるデータが乏しいです。
ただし、薬剤でなく副作用がないことがメリットで、育毛剤を使用する人も多いです。