発毛に効く医薬品は

発毛医療に用いられる医療用薬剤としてフェナステリドがあります。
フェナステリドとは、商品名がプロペシアとして販売され、医師の指導の下これを使用し、AGA治療に用いられます。
薄毛の進行するメカニズムは、徐々にヘアサイクルが短くなることが原因で、ヘアサイクルを短くする要素に男性ホルモンが作用していると言われています。
男性ホルモンであるテストステロンは、男性的な体をつくり、筋肉の生成や精子の生産にもかかわるもので、テストステロンそのものは問題ないのですが、ここに還元物質である、5αリダクダーゼという酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛の原因物質を作り出します。
しかし、フェナステリドは還元酵素を阻害する効果を持ち、これの使用により通常のヘアサイクルに戻ることが分かっています。
フェナステリドがAGA治療に用いられるようになった経緯は前立腺がんや前立腺肥大症の患者にこれを投与したところ、発毛が確認されるという言わば副作用として出現し、これが臨床データとしてデータベース化され、発毛医療の側面で非常に高い効果を上げたという経緯があります。
ただ、逆の発想もあり、前立腺側に副作用が出るケースがあり、性欲減退などの副作用が確認されているため、副作用の出方を十分に理解確認し、治療で薬剤のコントロールが必要となります。
同作用の薬剤にデュタステリド商品名 アボルブがありますが、こちらはフェナステリドよりも高い効果が期待でき、また、副作用の出方も強くなることがあります。
ほかに塗布薬として、ミノキシジルなどが発毛剤に使用されますが、これにも副作用は存在します。
副作用の情報を良く知り、それを抑えて、最大限に効果を発揮する治療法を選ぶことが重要となります。