足の毛をのばすこともある薬用育毛剤による発毛法

発毛したいという人にとって魅力的な医薬品の成分が二つ知られるようになりました。一つがフィナステリドであり、ホルモンバランスの乱れによって起こってしまっている薄毛に対して高い効果を期待することができるとされています。国内でも医者にかかることで処方してもらうことが可能であり、飲み薬としてフィナステリドを服用していくことでデヒドロテストステロンの生成を防いでいくことができます。デヒドロテストステロンは男性ホルモンから作られる物質であり、発毛や育毛を妨げることが知られており、男性型脱毛症においては特に高濃度で頭皮に存在することが知られています。そのため、男性型脱毛症においては特に高い効果を発揮するのがフィナステリドです。もう一つがミノキシジルであり、国内でも薬用育毛剤としてOTC医薬品になり、薬局で誰もが気軽に購入できるようになりました。ミノキシジルは血管拡張作用をもつ成分であり、頭皮で血管拡張を起こすことによって血流を促し、頭皮の隅々にまでしっかりとした栄養と酸素を行き渡らせることでヘアサイクルをうまく動かせるようにできるとされています。そのため、男性でも女性でも高い発毛効果を期待できるのがミノキシジルですが、基本的には皮膚における選択性が高い血管拡張薬であるということを知っておかなければなりません。足につければ、足の毛がのびることになってしまうのです。海外において販売されている内服薬の場合には全身での発毛が促進される多毛症が副作用として知られており、美容のために薄毛を解消したくて使ってみたものの、全身の毛が生えてきてしまって散々な状況になってしまったという事例もないわけではありません。注意して使用することが必要な薬用育毛剤と理解しておきましょう。