発毛の栄養のシステインと男性型脱毛症治療に万有製薬

薄毛に悩む人にとって魅力的な治療法として代表的なものに発毛があります。外から人工毛を取り付ける増毛や自分の髪の毛を別のところから移植して植え付ける植毛とは違って、自然に髪を生やすことができるというのが発毛の魅力です。男性型脱毛症においてデヒドロテストステロンが原因となっていることはよく知られる事実となってきましたが、ホルモンバランスの乱れや栄養の不足などによって髪の毛が生えにくい状況ができてしまっているのを改善していくことによって髪の毛を生やしていくのが発毛の考え方です。男性の場合には男性型脱毛症が原因となって髪の毛が生えなくなってしまうことが多いものの、必ずしもそれが原因ではなく、頭皮の状態が悪くなってしまっていたり、髪の毛を生やすのに必要な栄養素が足りていなかったりすることでも髪の毛は生えなくなってしまいます。その原因に応じて適切な発毛法を行っていくことが大切です。男性型脱毛症が原因である場合には万有製薬から販売されている飲み薬が有効性が高いとされており、デヒドロテストステロンの生成を抑制する有効成分であるフィナステリドが含まれていることによって根本原因となるデヒドロテストステロンの濃度を下げることができます。これによって発毛や育毛にかかっていた抑制を解除することができ、自然に髪がのびてくるのを実感できるようになるのです。一方、栄養不足が問題になっている場合に考えるべきなものの一つがシステインの不足です。髪はケラチンが主成分でありその15%前後をシステインが構成しています。そのため、システインが不足してしまうと髪の毛が十分に作れなくなってしまい、できても抜けやすくなってしまうのです。